公務員に内定式の流れと服装まとめ

公務員

民間企業だと内々定をもらった学生に対して、内定式があります。

しかし、公務員の場合は内定式がない場合があります。

多くの公務員採用試験では内定式ではなく、内定通知書が自宅に送付されるだけです。

国税専門官は内定式の代わりに採用内定者懇談会がある

国税専門官の場合は、8月下旬に最終合格者発表が行われ、同じく8月下旬に採用面接が行われます。

採用面接で内定が出た人には10月1日以降採用内定通知書が送付されます。

10月上旬に採用内定者を対象にした「採用内定者懇談会」が行われます。

採用内定者懇談会では仲良くなった人同士で飲み会に行っている人もいました。

ちなみに私は、真っ先に帰りました(笑)

当時は、今後一緒に働く仲間なので、飲み会に参加して仲良くべきだと後悔しましたが、内定式から入社までは半年も期間が空くので、ぶっちゃけどっちでもいいです(笑)

入社後は嫌でも顔を合わせることになるので。

内定式の服装

内定式の服装はスーツ一択です。

髪型もビジネスマン風の人が多かったです。

整髪料なしで来ている人や前髪が長い大学生風の髪型の人も少ないですが、いました。

第一印象は大事なので、きちっとした格好で行くのがオススメです。

 

以上、「公務員に内定式の流れと服装」について書きました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました