公務員予備校は無駄?独学との違いメリット・デメリットを解説

この記事は約3分で読めます。

【ベレットおすすめの市場価値判断サイト】

皆さんは、就活&転職市場における自分の市場価値を知っていますか?

民間・公務員問わず、就活&転職を成功させたい人は、自分の市場価値がどれくらいなのか把握しておかないとヤバいです。

ミイダスなら無料で年齢・学歴・資格・過去の経歴で自分の価値を適正年収で数値化してくれます。機械に自分の社会における価値を数値化してもらうの、結構おもしろいですよ。

ちなみに僕は年収650万円相当でしたwちょっと嬉しい。。。

ベレット
ベレット
就活・転職を上手く進めるにあたり、自分の市場価値がいくらかを知るのは大事だね。

今回は公務員予備校は無駄かどうかについてまとめました。

公務員予備校が無駄でない理由

公務員予備校には次のようなメリットがあります。

公務員試験勉強のやり方が分かる

公務員試験は科目数が膨大です。試験によっては30科目近く勉強する場合もあります。膨大な科目数を前にして「どうやって公務員試験勉強すればいいんだろう。何から手を付けていいのかわからない。。。」となる人は多いです。

ベレット
ベレット

僕も公務員試験勉強のやり方がわからず、予備校に通っていたよ。

スケジュール管理

公務員予備校を使う一番のメリットはスケジュール管理です。

多くの公務員予備校は1年以内に試験範囲をすべてインプットさせるカリキュラムになっています。

ベレット
ベレット

上記の無料の資料請求でどんなカリキュラムなのかが分かるよ。

それでも予備校に通う人が多いのは自分で勉強のスケジュール管理ができない人が多いからです。

家で勉強していると、「知らず知らずのうちにスマホばかりいじって勉強していない」という人もいるはず。

「予備校ならいつまでにこの範囲をしないといけないよ」、と勉強範囲と期間を具体的に絞ってくれます。

勉強範囲を絞ることができる

人によっては試験までに1年を切っている人もいるでしょう。試験まで時間がない場合は試験にあまり出ない範囲は捨てる必要がありますが、受験生が判断するのは難しいです。

しかし、公務員試験予備校であれば今まで何年も公務員試験を研究しているため、今年はこの範囲が出そうだ、という予測ができます。

試験に出やすい範囲を勉強できる

先ほどの勉強範囲を絞るの逆で、予備校は試験に出やすい範囲を分かりやすく教えてくれます。

自分1人で勉強していると、非効率な勉強する可能性がありますが、予備校ならどの範囲に重点をおいて勉強すべきか教えてくれます。

記述試験(論文試験)・面接の対策ができる

記述試験は自分の回答が合格圏内の回答ができているのか、解答を見ても分からないケースがよくあります。

また、面接試験対策は市販の参考書でもある程度対策できますが、場慣れすること画できません。自分1人だけで面接練習するのと、本番の面接では緊張度合いが全く違います。

公務員予備校であれば、記述試験も面接も公務員試験に精通したプロの講師が見てくれるので安心できます。

公務員試験情報が手に入る

公務員予備校に通うことで無意識的に公務員試験の情報を得ることができます。

今ではYouTubeや市販の参考書で公務員試験の情報は大体出回っていますが、自分で正しい情報を取捨選択するのは難しいです。

公務員試験合格までの最短ルートを教えてくれます。

公務員予備校試験のデメリット

次に公務員予備校のデメリットを解説します。

公務員予備校は費用がかかる

公務員予備校は安くても数万円以上の費用が発生します。

独学で勉強できる

これまで試験を何度も乗り越えてきた人なら、独学で勉強するほうが自分に合っているという人もいるでしょう。

そういう人は予備に通うことはむしろデメリットになります。

まとめ

正直、公務員予備校に通わなくて試験に合格することはできます。ただ、少しでも公務員試験合格の可能性を上げたい人は公務員予備校に通うべきです。

公務員試験は基本的には年に1回の試験なので、落ちるとさらに1年勉強する必要があります。

1年経つと法律も改正されるため、また勉強のし直しが発生してしまうので時間が勿体ないです。独学で勉強することに少しでも不安がある人はまずは公務員予備校の資料請求をして雰囲気をつかむことをおすすめします。

\今なら無料のサンプルテキスト・DVD付/

 

ベレット
ベレット

上記の公務員予備校は超効率的な学習法「非常識合格法」が有名な公務員予備校試験だよ。

どんな講義をしてくれるかは無料の資料請求で分かるよ。

コメント