目の疲れに聞くものまとめてみた

Uncategorized

プログラミングの勉強をすると、長時間パソコンを見続けることになるので、目が疲れます。

目が疲れると、首や肩が凝ってくるので、どうしても集中力が落ちてきます。

さらに、ひどくなると眼精疲労になったり、免疫力が低下したりと、日常生活に支障が出てくる場合もあるので、放っておくのは危険です。

僕の視力は「0.1以下」、コンタクトは「-0.7」とかなり視力が悪いです。

そのため、メガネやコンタクトを使って、パソコンを見続けるとなると、人一倍目が疲れやすいです。

これにはかなり、悩まされました。

しかし、最近「目に良いと言われるモノ」をいろいろ試した結果、以下の目の疲れに聞くアイテムを使うことで大幅に改善することが出来ました。

目が疲れて辛いという方は一度試してみてください。

アマニ油やエゴマ油を飲む

アマニ油やエゴマ油はオメガ3脂肪酸というDHAやEPAが含まれており、目の疲れやドライアイに効果があります。

モイスチャーメガネ

JINSから発売されているメガネ。

「モイスチャー」という名の通り、フレームの両サイドに水の入ったタンクが付いており、目に水分補給してくれます。

目の疲れ、ドライアイ以外に、花粉対策にもなるので、花粉の季節にも機能します。

あずきのチカラ

目の疲れをダイレクトに癒してくれます。

じんわりと温まっていく感じが気持ちよく、リラックス効果があります。

昼休みや就寝前に使うのがオススメ。

PCメガネ(ブルーライトカットメガネ)

パソコンから発生するブルーライトを数十%遮断してくれます。

効果があるかどうかはビミョーなところで、使用して効果があったという人もいれば、効果がなかったという人もいるのが本当のところ。

私は、使えるモノは使っていきたいタイプなので、使っています。

実際効果がなかったとしても「効果があるはずだ!」と信じて、プラシーボ効果も期待していたりします(笑)

ブルーベリー

ブルーベリーは昔から目の疲れに効くと言われています。

一番有名なDHCのブルーベリーを使っています。

ただ、科学的に効果があるのかどうかPCメガネ同様ビミョーですが、効果があったという人もいるので、使用しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました