SSH KeyをGithubに登録・確認する方法【公開鍵の設定】

Web

SSH KeyをGithubに登録する方法を紹介します。

コマンドプロンプトはスタートメニューの検索で「cnd」と入力することで呼び出すことが出来ます。

※コマンドの冒頭に「$(ドルマーク)」が置かれているが、これは入力しなくてOK。

SSH Keyを生成する

以下のコマンドを実行して鍵を作成する。

$ ssh-keygen -t rsa -b 4096 -c “メールアドレスを入力”

鍵の保存場所の確認

「Enter file in which to save the key」と表示されたら、エンターを押す。

この時に表示される絶対パスが生成した鍵の保存先。

パスフレーズを入力

「Enter passphrase」と表示されるので、パスフレーズを入力。

2回入力することを求められる。

このパスフレーズは後々使うので、メモっておく。

公開鍵をクリップボードにコピーする方法

Windows

$ clip < ~/.ssh/ファイル名.pub

 

macOS

$ pbcopy < ~/.ssh/ファイル名.pub

 

上記のコマンドを入力しても上手くいかない場合は、ファイル名をGoogle Croomeで検索すれば公開鍵を見ることが出来る。

公開鍵の設定

Githubの設定画面のSettingを開く。

SSH Keysの「New SSH Key」をクリック。

「Title」を入力し、先程の公開鍵を「Key」にコピペすれば完了。

 

公開鍵の設定の確認

正しく公開鍵の設定が出来ているかは

$ ssh -T git@github.com

を入力して確認することができる。

入力するとパスフレーズを求められる。

パスフレーズを入力すると以下の文章が現れる。

You’ve successfully authenticated, but GitHub does not provide shell access.

notと書かれているが、successfullなので、うまくいってるので、気にしなくてOK。

詳しく言うと、「SSHの接続には成功しているがGitHubはシェルアクセスは許可していないされていない」という意味。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました