addEventListenerの使い方

Web

 

 

JavaScriptのaddEventListener()の基本的な使い方

 

 

ちなみにaddEventListenerを使わない方法として「onclick」があります。

「クリックする」「キー入力する」「マウスカーソルを合わせる」等のユーザの操作を「イベント」と呼びます。
JavaScriptでは、要素に対して何らかのイベントが起きた際に処理を行う事が可能であり、
要素名.on●●(イベント名) = function(){ 処理内容 } という形式で記述することが可能です。

例えば「test」という要素がクリックされた場合を記述する際には
test.onclick = function(){ 処理内容 } という形で記述します。

出典:CORDPREP

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました